Tag Archives: インスピレーション

アーティステックな絵の天気予報アプリ

Media_httpassets4desi_onliy

こちら、モスクワにあるデザインスタジオ Bang!Bang! Studio とロシアの大手IT会社とのコラボレーションによる、天気予報をアーティスティックな絵で表示するiPad用アプリ。

ロシアの若手アーティストにより70カット以上の天気のイメージを表現。

毎日のお天気チェックが、相当楽しいものになりそう! 

こちらのアプリ、iTuneストアにて無料で入手できます。(※残念ながら現在は日本のストアでは購入できません)

http://itunes.apple.com/us/app/yandex.weather/id474242019?mt=8

Creative Wheather iPad app from Russia.  

Pausetalk のこと

Media_httpdistilleryi_rhomn

月1回、池袋で行われる Pausetalk というイベント。

主催はカナダ出身で東京在住の Jean Snow さん。

楽しいイベントだからとずっと勧められていたけれど、子供の事とか夜の池袋とか英語でのプレゼンとか、イメージ先行で色々難ありで先延ばしにしていたのですが、遂に参加する事ができました。

一緒に行ったのは、Mr Magpieのワークショップ告知などでネットを通して知り合いになったママンカ PR の小出さん。

FBや twitterなどにさく時間が莫大になっている昨今ですが、こうやって実際に人に会って話を聞いて、意見を交換する事はやはりとっても刺激になりそして楽しいものだという事を、改めて気付かされたイベントでした。

日本の事、東京の事、クリエイティブの事、コンピューターの事。

全てが自分にとって興味津々の事。 普段モヤモヤと考えていた事を、ずばっと言葉で言い合える事は、心にとっても頭にとってもとても大切な事。

Pausetalk は毎月第一月曜日、池袋の Pause Cafeにて開催中です。

Talk, meet, inspired by Pausetalk in Ikebukuro, Tokyo. 

遊べるポストイット 

Media_httpi2cdnturner_nfbap

付箋=Post it. 

学生から社会人まで、誰もが1度は使った事があるはずのおなじみのポストイット。

パリでは今、このポストイットをオフィスの窓にデコレーションする事が大流行中。

モチーフは特に日本発のキャラクターが多いとか。

Post-it-wars-4

ストリートアートの様なこんな表現も。ちょっとした道案内にも応用できそう。

Lightwerk_todo_post-it

京都芸術大学での、ポストイットを立体的に組み合わせて表現した不思議な迫力のインスタレーション。

Colorful-post-it-note-structures-05-629x944
Colorful-post-it-note-structures-06
Colorful-post-it-note-structures-08

via http://elderwaza.com/fhd/art/post-it-art-structures/

本来の用途で手に入れたい、こんなポストイット。日本の建築家、成瀬・猪熊設計事務所(http://www.narukuma.com/) デザインの、家の形をしたポストイットは見た目も可愛く使い勝手も良さそうです。

10701_house-pagemarker-scattered

12231_house-tags-life-in-cafe
12227_pack-and-product-blue-single-marker-on-white2

時計の形をしたこんなポストイットもあり。 絶対に忘れたくない事、もう手のひらに書かなくてもすみそうです。

Pa_0371_o

商品はそれぞれこちらから購入可能です。

Page Maker : http://www.suck.uk.com/products/housepagemarkers

Post it Note Watch : http://www.pa-design.com/produit.php?prid=1143

Post it art & Play with Post it!

キッズエプロンワークショップ & TEA PARTY レポート 

Media_httpstatamebajp_lebdg

Mr Magpie初の試みとなった、「ティータオルで作るキッズエプロンワークショップ 」を10/15に開催しました!

色鮮やかで本当にかわいいデザインのティータオルの数々。 これを生かして何か良いものを作れないか?

世田谷で活動する Sewing Circle のメラニーさんとのコラボレーションで、今回のキッズエプロンのアイディアが生まれました。

ティータオルは大きさも厚みも、子供用エプロンにぴったりの素材。
はさみをいれる事なく、折り紙の要領で柄を生かし、子供の身長に合わせて作る事ができる所はまるで日本の浴衣の要領です。 
また子供が成長した時には簡単にサイズ調整できるという優れもの。

早速、ご参加頂くそれぞれの方のご希望柄に合わせたリボンとステッチ用の糸を用意しました。

Img_0085

会場となった場所は、海外のラグジュアリーブランドでの経験が豊富な、リナ・ボヴリースさんが2011年8月よりはじめた ” 世界のカルチャーを英語で学ぶ ” をコンセプトとした子供の為のプレインタナショナルスクールシャトーボンボンです。

パープルを基調とした壁にティータオルを飾ると、一瞬にして楽しげな雰囲気が。

Towels

会場に飾り付けたバンティングはメラニーさんお手製のもの。

Bunting_

大人達がソーイングに集中している間に、子供達はこんなかわいいティーセットで一足お先にティーパーティーを開催。

ご参加頂いたお子様はなんと0歳の赤ちゃんから、4歳の男の子まで、みんな顔を合わせるのが初めてとは思えない程和気あいあいとした雰囲気に。さすが、子供達は適応力が早いですね!

Img_0124
Kids

そして約1時間半後、出来上がったエプロンの数々。

Ice
Coffe

Two_2
Made_in

ティータオルの柄がよく生かされていて、子供達の顔もなんだかみんな得意げですね!            忙しいお母さん達でも、1時間もあれば必ずできる、どこにもないオリジナルキッズエプロン。

是非一度、試してみては如何でしょうか。                                                                             

Mr Magpieでは、素材+作り方の説明書付きのセット販売も検討中です!

商品のお問い合わせ: hello@mistermagpie.com                                                                      

スクールのお問い合わせ : http://www.chateaubonbon.com/contact/

Tea Towel Kids Apron Workshop & Afternoon Tea Party report (English blog : http://ameblo.jp/chateaubonbon/day-20111016.html

Pixel (四角い点)がアートに変わる時 

Media_httpimgartlebed_hilhi

インベーダーゲームに出てくるこのなじみのある顔。

四角い点をバランスよく組み合わせて1つの絵を構成していく手法をピクセルアートと呼びます。

そんなPixel (四角い点)を使った様々な表現を集めてみました。

9c6ed9222bcdbf3ad5aa082aa3e7f791c56c9793_m

It’s Raining Drea : http://drizzle.tumblr.com/

Dsc_0937_venicev2-detail-660

Eboy : http://shop.eboy.com/

Pixel-art-21

Rod Hunt’s illustration Studio : http://rodhunt.com/

1940-2

“Pixel art” from 1940s : http://www.flickr.com/photos/wowbrow/837047759/

Pixel-art-58

ソファ : http://www.moroso.it/

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=BpWM0FNPZSs]

Royksopp music vieo  

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=4j3O9SziKfo]

槙原敬之 music video : directed by APOLLO KIDS / Masayuki Tanaka http://apollo-kids.com/

Pixec Art Collection 

3Dと2Dの絶妙な関係

Media_httpbehancevoll_jpteg
こちら、きまった角度から見ると2D (平面)にみえるタイポグラフィー。
でも一歩離れて違う角度から見てみると… 
実は3D (立体)の上に計算され描かれたイラストレーションなのです。
角度を変えれば見え方も変わる。
2Dと3Dの絶妙な関係。
チェルシーカレッジオブアートに通う大学生の作品です。
“possible relationship between graphic design and architecture”  by Joseph Egan and Hunter Thomson

Mr Magpie Interview 3 : スチュワート・ガーディナーさん

Media_httpfile001shop_qkxgf

Mr Magpieショップでも大人気のティータオル「シーズナルガイド」シリーズをデザインするロンドン在住のデザイナー、スチュワート・ガーディナーさんにインタビューをしました。

ブリティッシュユーモアが盛りだくさんのデザインは、こんな発想から生まれています。

Mr Magpie Interview 3 : http://mistermagpie.com/?tid=7&mode=f5#

Stuart Gardiner Interview at Mr Magpie shop 

デコiPhone Case from Japan

びっしりとビーズ装飾を貼付けた、元祖デコiPhone.

iPhoneケースのデザインは、世界に沢山ありますが日本の場合はこれですね。


こちらはふわふわバニーの帽子をかぶったキティーちゃんのiPhoneケース。 

111-440973img03

 

本物と見間違える?!リアルなケーキ風iPhoneケース。

54-157756img01

 

食品サンプルメーカーが作ったという、日の丸弁当iPhoneケース。(お弁当箱に入れてみた)

485-148198img18

 

なぜなのか?焼きそばや、ベーコンエッグのiPhoneケース。

485-148198
485-148211

 

もはやこの立体感は意味不明。日本らしい、Made in Japan の寿司iPhoneケース。

54-1575_1

54-1575_2

 

この発想力、さすが!と言わずにはいられません。

デコiPhone持って世界へでよう。

色々なデコiPhoneケース、日本から。

Crazy but fantastic iPhone case made in Japan.