Tag Archives: ライフスタイル

墨田区のワークショッププレイス 「するところ」

子供も大人も楽しめる、紙や印刷物をいかしたワークショップイベントが一杯の場所 「するところ」

もともとは製版会社のこの企画、出版不況の中で全く新しい事に挑戦しようとする試み。

墨田区にある築40年の工場をリノベーションし、1階を印刷部門、2階を「するところ」のスタジオ兼事務所として使用。

紙と印刷物を通して行うワークショップで、子供たちや地域の方々を繋げる地域貢献プログラムなども運営中との事。

日本語/英語バイリンガルのニュースペーパーも要チェックです。

Media_httpi556photobu_canpd

「するところ」ブログには制作に熱中するかわいい子供たちの姿がいっぱい!

http://www.surutokoro.net/

Craft Workshop place at Sumida-ku 

Etsyでビンテージ商品を扱う、とあるカナダ人カップルの暮らし

[vimeo http://www.vimeo.com/19982963 w=500&h=283]

スカンジナビアと日本からインスピレーションを受けているというシンプルなインテリアの家に住む、カナダ人カップルの暮らし。

白を基調としたデコレーションと、カナダの広大な雪景色。

こんなシンプルな暮らしの中から、世界中に商品を送る。

Etsyならではの通販の形。

彼らのショップはこちら:hindsvik

http://www.etsy.com/shop/Hindsvik?ref=pr_shop_more

There’s no place like here. 

ボリス・ジョンソン、ロンドンでの挑戦

Mayor-of-london-boris-joh-007
via guardian.co.uk

ぼさぼさの金髪頭がトレードマークのボリス・ジョンソンをご存知ですか?
現ロンドンの市長です。
今年はロイヤルウェディング、そして来年はオリンピックとイベントが目白押しのロンドン。
そんな中、ドッキングステーションと呼ばれる駐輪場で自由に自転車レンタルができるという、エコシティーへ向けての大改革を強く押し進めている市長です。
自転車がどれほどエコな乗り物か、これからのロンドンの日常そして観光での新しい足として利用される事をプランニングし、街には400も
のドッキングステーションと呼ばれる駐輪場を設置し、市内には6000台の自転車を用意しています。

A-man-sits-on-a-bicycle-a-011

利用方法はとてもシンプル。
ドッキングステーションで自転車をかり、小額のアクセス料金と走行距離に応じた金額を払うだけ。
30分未満は無料で、もしトラブルがあってもそのまま返してしまって問題なし。
ドッキングステーションの位置や、万が一トラブルが起きた時の為に解決策を提供してくれる携帯用アプリも多数あり。

Screen

とは言ってもロンドンの道はなかなか危険度が高いため、区が協力して自転車のトレーニングまでしてくれるとの事。
まだまだ問題は多いとの噂もある企画ですが、未来のエコシティーを率先していきたいとの思いがひしひしと伝わってきます。
ロンドンに行く機会があれば、是非利用してみたいものですね。

イラストがかわいい利用方法説明ビデオもあり。
よくよく見ると、ボリス・ジョンソンらしき人の姿も。

丁寧な日本語解説も下記のリンクで確認できます。

Guide to London Cycle Hire 

我が家で大活躍の 4ピース = ¥ 499 のIKEA ボウル

Media_httpwwwikeacomp_uojfu

食欲旺盛の1歳半の下の子の食事は、まだまだ手づかみ食べ。

イスに座ってご飯を食べるという習慣は大分前からできているものの、やはり陶器のお皿は勢い余って落とす事がしばしばあるのでこちらもヒヤヒヤする。かと言ってキャラクターもののプラスチックのお皿を使う気にもならず。

そんな今の時期、このIKEAのプラスチックのボールセットは本当に重宝している。
洗うのも乾かすのも楽だし、このサイズ感も丁度よい。 
ちょっとレトロなこの色合いも、ありそうでない組み合わせ。
これで¥499!さすが!